【2018隊列詳細②】輿車(保科公時代)~菊姫ってだれ?中臈・腰元とは?

会津まつりを100倍楽しむための情報サイト「会津まつりナビ」へようこそ!
会津若松市内に住む主婦が、歴史をイチから勉強しながら書いています。

はじめての方はこちらをクリック!

毎年9月に、会津若松市で会津まつりのなかで開催される会津藩公行列

2018年決定!会津まつり日程をどこより早くお知らせ!

会津藩公行列を構成する一つ一つの隊には、どんな意味があるのでしょうか??
また、どんな団体が、その役を演じているのでしょうか??

その背景を知ってから行列を見てみると、あら不思議!
長~い藩公行列の、はじめから、おわりまで、目が離せなくなっちゃうんです♪

藩公行列を楽しむために^^各隊の構成をくわしく見ていきましょう!

こちらの記事では、保科公時代の輿車(菊姫)を紹介します!

隊列全体の紹介はこちらの記事をどうぞ。

【2018年完全版】会津まつりを見るならこれだけは押さえたい!会津藩公行列の隊列を解説します

輿車の構成

菊姫を中心としたキレイどころが乗った、輿車(こしぐるま)です。

菊姫の左右をかためるのが、2人の中臈(ちゅうろう)

そして腰元(こしもと)が8人。
このうち4人は輿車の前を歩き、4人は菊姫・中臈の後ろに座って登場です。

菊姫と中臈(ちゅうろう)・腰元(こしもと)に扮するのは、2018年の担当校、会津若松市立一箕中学校のみなさんです。

菊姫・中臈・腰元とは??

 
菊姫(きくひめ)は、日本の武家の女性名。

菊姫 (上杉景勝正室) – 武田信玄の娘、上杉景勝の正室。
菊姫 (宗像氏) – 宗像正氏の娘、宗像氏雄の正室。
尊寿院(菊姫) – 吉弘鑑理の娘、大友義統の正室。
前田菊姫 – 前田利家の娘、羽柴秀吉の養女。
高源院 (鍋島勝茂正室)(菊姫) – 岡部長盛の娘、徳川家康の養女、鍋島勝茂の正室。
菊姫 (里見義頼継室) – 北条氏康の娘、北条氏政養女、里見義頼の正室。
眞含院(菊姫) – 島津継豊の娘、黒田重政の正室。
お菊(菊姫) – 豊臣秀次の娘。
菊姫(内藤政長の娘)、保科正之の正室(1618年 – 1637年)。
菊姫(松平頼元の娘)、小笠原忠雄の養女、松平宗昌の正室。
菊姫(内藤政樹の娘)、松平頼永の正室。
菊姫(奥平昌能の次女)、奥平昌章の正室。
菊姫、小西行長の正室(洗礼名ジュスタ)。

 

会津に関係しそうなところを抜き出すと・・・

会津と縁のある菊姫

菊姫 (上杉景勝正室) – 武田信玄の娘、上杉景勝の正室。
菊姫(内藤政長の娘)、保科正之の正室(1618年 – 1637年)。

上杉時代(1598年-1601年)の会津領主上杉景勝の正室(=奥さん)も、菊姫。

ですが、こちらは保科公時代ですので、保科正之公の正室の菊姫のことです。

そして、菊姫の左右をかためる中臈

”月”と”葛(くず)”を組み合わせた、むずかしい漢字ですが、これは中臈(ちゅうろう)と読みます。

 
御中臈(おちゅうろう)は、江戸時代の大奥の役職の1つ。定員は8名とされる。将軍、もしくは御台所の身辺を世話する。大奥女中の中から家格や容姿の良い者が、御年寄などの推挙により選ばれた。

 


▲大奥は将軍家の子女や正室、奥女中たちの居所 引用:ウィキペディア

腰元は、身分の高い婦人に仕えて、雑用や身の回りの世話をした女性です。

菊姫は、保科正之公が23歳の時、16歳でお嫁に入りました。

翌年長男幸松を出産。
そして、その3年後に20歳の若さで亡くなりました。

第2代藩主 保科 正経 (ほしな まさつね)公は、後妻である於万(おまん)との5番目の子どもです。
藩公行列に於万は登場しません。

於万についてはこちら
会津藩家訓15カ条に秘められた想い。保科正之公の娘・媛姫のおどろきの死因とは??

参加団体紹介

参加するのは、会津若松市立一箕中学校3年生のみなさん。

菊姫を演じるのは、生徒会 会長さん。
中臈は、生徒会 副会長のお二人。
腰元を、生徒会 書記さん、週番委員長さん、環境 ・ 福祉委員長さん、
    美化委員長さん、代表委員長さん、プログラム委員長さん、
    保健委員長さん、プログラム委員さん
がそれぞれ演じます。

会津若松市内には、公立(会津若松市立)の中学校が11校、私立の中学校が2校あります。
一箕中学校は、公立11校のうちの1校です。

まとめ

2018年の会津藩公行列、保科公時代の輿車の構成・参加団体を紹介しました。

菊姫は保科正之公の正室で、20歳の若さで亡くなった女性。
そして中臈・腰元は、菊姫をそばで支えた女性たちです。

担当中学校の会津若松市立一箕中学校の三年生が演じます。

ご注目下さい!

隊列全体の紹介はこちらの記事をどうぞ。

【2018年完全版】会津まつりを見るならこれだけは押さえたい!会津藩公行列の隊列を解説します
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。